携帯電話と日常生活 - gocyan情報局

携帯電話と日常生活

携帯電話は重要な毎日のライフスタイルの全体になった。
それが、私達がお互いに対話する方法を変更していること、
およびまた どのようにそれが社会と相互作用するか 。

それらは、どのように私達が、友人、ファミリー、
および職場との関係を形成するかを大改革した。通信テクノロジーは、
一度、時間と場所に依存して遮断された境界をぼやけさせる。

ずっと私達が電話で接続されると、それはプロフェッショナルなおよび
個人的なアイデンティティの間でバインディングをサポートする。
どのように、私達が、私達が中に置かれる社会的な設定に
依存している私達の行動を変更し、どのように、私達が、誰で、
私達が、私達が、コミュニティ内のステータスのシンボルとしてそれらを
使って携帯電話を自身の拡張と考えるwith.を伝達しているかに
依拠している私達のアイデンティティを変更するか間で有力である。

それは、また、それが政治的か、または社会的であるかどうかにかかわらず、
共有されたイデオロギーと価値を持つ人々のためのプラットフォームが
お互いに通信することを促進する。
他の間の感情および心理学的なアタッチメントを支えることは、
帰属意識の感覚を個人と助けにもたらすかもしれない。
ユーザーは、それらのためにセンチメンタルな写真とメッセージを
持つそれらのテクノロジーと自分を同一視することができる。

容易なWi-Fi、およびブルートゥース接続性が、ユーザーがそれらの
ネットワークを拡張することを可能にすることとしてそれはいくつかの
社会的なネットワークを急速に拡張している。

携帯電話は、文明の政治的で、
倫理、および社会的な面に影響すること莫大な役割を果たす。

携帯電話

携帯電話は、呼びだし人が大きい地理エリア内の
ラジオリンクの上の呼び出しを伝達することを可能にする機器である。
現代の電話機は、インターネットアクセス、Eメール、写真撮影、
および無線通信を許す。
携帯電話の意味は単にツールではないけれども、
社会の文化的なシンボルとして統合された。
その存在は、私達がお互いに通信し、私達の社会を形成する方法を
急速に変更しているので、短かったけれども、 それ 。

携帯電話および社会的なインタラクション

リング(2005);
言われた『モビールが社会的なインタラクションのベースをかなり変更している』。

私達が電話機と通信する方法は、中で電話が使われる社会的な文脈のため影響される。
それは私達の文化の一部になり、人の活動とテクノロジーの
インタラクションと発展を変更している。
例えば、人々が特定の社会的な位置のための一定の公的な
『ペルソナ』を持っていることは提案された。

ゴフマンは、公的な場所の文民の不注意、および誰かが公的なスペース、
すなわち列車での携帯電話会話に参加する時を観察した研究を実施し、
近い近接の個人は密談に不本意に引き入れられる。

従って、携帯電話個人のメディアは、より、それがそれらの現状を
妨げるとそれらの行動を変更しそうである。人々の高密度を持つ環境であるので、
何人かの人々が、より、この状況がそれらのプライバシーの
感覚を減少させると不快感を経験しそうである。

この効果はまた個性ファクターで依存する;むしろ内省している人々は、
より外向性の人々と対比されるように回避と居心地の悪さのより多くの
合図を潜在的に示す。
全体に、人の性格特性は、時間と場所に依存しているそれらの行動に影響する。

リング(2003)は、'私達が、モバイル通信のまわりの議論を形成し、
私達の正面を詰め込むことを望むと主張したこれらの2'の間のラインを
ぼやけさせることだけでなく段階正面装飾および私達の後ろの
段階インタラクション-。私達が、『前の段階正面装飾』を作成している
日にわたって私達が持っているインタラクションに依存している
自身の私達のプレゼンテーションを変更することは議論できた。

私達は、しばしば、私達が、私達が誰と通信しているかに依拠している
人々と対話する方法を変更する。
たとえこれらのインタラクションを持つ要求の少しがある日の
終わりの間の後ろへの私達の本当の自身へのどんなにもたらし、
私達の『本当の』自身のこのプレゼンテーション。
これは、私達が、社会的なインタラクションに依存している私達の
アイデンティティを変更すると携帯電話通信と関連した浅薄さがある
アイデアを強調する。

ステータスのシンボルとしての携帯電話

携帯電話は、
誰かのアイデンティティを主張するために使用できる;

それはステータスのシンボルになり、個人のself.Mobile phone電話技術の
感覚を拡張する それらが、共有された価値のコミュニティの一部になると
自由グループの自己認識の合図になった 。

テクノロジーが、規定通りの活動の所に組み入れられると、
ホームズとラッセル(1999)は、
日常生活の『新しいデジタルで、モバイルのテクノロジーは、
ユーザーの質的な変化を生んでいる』経験を言った。
それは深い効果が途中であり 傾向のように個人が一定の
communicationthingsにいるので社会today.で若い人々影響文化的変化 、
イデオロギーおよび文化的なアイデンティティすべては
携帯電話テクノロジーにより影響される。

携帯電話と若者アイデンティティ

携帯電話が通信の
ツールであることだけではなく地位の象徴。
リング(2004)は、'のこのごろでは、携帯電話が多くの国の
若者アイデンティティのシンボルになったと言った。
モバイルは個人のアイデンティティの拡張になり、'ユーザーは、
ゲーム、アイデンティティプロジェクトを作成している着信音という
写真をダウンロードして個々の電話を作成することができる(カステル、2002、pg 161)。

ユーザーは、どのように彼らがそれらのコミュニティ内に
気づかれたいかに依拠しているそれらの携帯電話アイデンティティを変更できる。
Hurrelmann 『思春期の子供は、グループ帰属意識の地位の象徴または
インジケータとして様々な物質的なオブジェクトを使って、
目立った消費のための強いしるしを持っている』 のため述べられるように。

携帯電話は個人的なアイデンティティの建築で生命のアクセサリであり、
グループ内の受容の感覚を作成する。

携帯電話および感情の
アタッチメント

個人は、携帯電話との一定の接続性を保持し、
友人、ファミリー、およびビジネスネットワークへのアタッチメントを
維持することができる。
研究はビンセント(2003)によって実行し、UKとドイツの人々は
それらの電話でそれらの関係を尋ねられて、多くのユーザーが、
それらの電話と関連した情報について感情的であると感じるのは発見された。
1人の回答者が言った:「私の妻は、私をモバイル-に呼ぶことが好きである
彼女 もし私がそれを持たず、ずっと彼女が彼女のものを使うならば
失われるであろう 」。

別のものは言った:「彼に、私が眠ることができるように私をtextingするのを
やめるように命じる私テキスト私のボーイフレンド」。
これは携帯電話の役割を示し、それらは、どのように愛する人と毎日の
ライフおよびそれらの関係に影響を与えるか。

携帯電話がそれとしての個々のユーザーの私生活を個々に
反映する メモリー、感情は、テキストメッセージと写真と結合した。
テーブルは、どのように携帯電話がその機能を通じて多い感覚を
形而上学的に呼び起すかを示す。







.

2017-01-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © gocyan情報局 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます