ワイヤレス給電の近未来  宇宙で太陽光発電を行い、マイクロ波で地球に送る - gocyan情報局

ワイヤレス給電の近未来  宇宙で太陽光発電を行い、マイクロ波で地球に送る

人類が1万年、10万年先も生き延びるために、
夜の来ない宇宙で天候や昼夜に左右されず太陽光発電をする
――そんな壮大な計画に挑戦している学者がいる。

宇宙太陽発電.png

京都大学生存圏研究所の教授で、
経済産業省委託事業太陽光発電
無線送受電技術委員会委員長も
務める篠原真毅氏だ。

篠原教授が挑戦しているのは、
宇宙に太陽光発電衛星(SPS=Solar Power Satellite)を打ち上げ、
発電した電気をマイクロ波に変換し地上に伝送して利用するというもの。
衛星1基あたりの発電規模は
原発1基に相当する100万kWで、そのパネルの大きさは2km四方というから、
ゴルフ場がすっぽり入るような巨大な太陽電池を宇宙に浮かべることになる。

計画の根源になるマイクロ波電力伝送技術は、
篠原教授らがもうすでに確立済みだ。
他の技術も巨大さゆえのかなりの課題はあるけれど、
基本はクリアがなされている。
経済産業省やJAXA(宇宙航空研究開発機構)は、
2045〜50年ごろの実用化を目標にしている。
一方、このマイクロ波電力伝送の技術は、
地上でもIoT時代の「ワイヤレス給電」の手段として注目を集めている。
スマホの充電、 機械やインフラに取り付けるセンサーへの給電など、
用途は幅広い。
「エジソンが電球を発明して以来ずっと使われてきたコンセントやケーブルは、
やがて私たちの家庭でも不要になる時代がやって来る」
という篠原教授に、壮大な宇宙太陽光発電からワイヤレス給電までの将来展望について伺った。

日本上空の静止軌道で発電し、電気はマイクロ波で地上へ
――まず、SPS(太陽光発電衛星)の基本的な仕組みを、
分かりやすく解説していただけますか。
篠原 SPSは気象衛星などと同じように地球からロケットで打ち上げ、
約3万6000km上空の静止軌道にとどまって発電します。
地上のメガソーラーより大きい2km四方の大きさの太陽電池が
宇宙空間に浮かんでいるだけのことで、
太陽光発電という意味ではとくに目新しいものではありません。
ただ、宇宙と地上を電線でつないで電気を送ることはできないので、
代わりに電波(マイクロ波)で送ろうという話です。
衛星1基あたり100万kWを想定しており、2km四方の太陽電池が必要になります。
発電した電気は、 電子レンジでおなじみのマグネトロン(磁電管)や
半導体でマイクロ波に変換し、
送電アンテナ(フェーズドアレイ、直径2km)から
地上の受電アンテナ(レクテナ、同2.5km)に送電します。

*********************************************
米国からの太陽発電関係のネタ

ikea.png

アイキーア(ikea)は、新しいシアトルエリア店でワシントンの
最も大きい屋根太陽配列をインストールする。

アイキーアは、レントン、ワシントンで、
再配置されたシアトルエリア店の先で太陽のパネルの
インストールが完全なのを現在の工事中発表し、それは早い春2017に開く。
プロジェクトはワシントン州での最も大きな太陽屋根配列である。

店の244,000平方フィート太陽配列は、店、縮小886トンの
二酸化炭素(CO2)の当量で毎年約1,261,000kWhの電気を引き起こす
3,268のパネルで組み立てられた1.13MWシステムから成る−−187台の車、
または131の家に電気を毎年提供することが可能。

RE C太陽〈太陽の設備の全国的なリーダー〉は、店の太陽の配列をデザインした。
それはシアトルベースのA&によりインストールされた;太陽であるR。
ディーコン社が店の建築を行い、それは、アイキーア店が世界的に
知られているユニークなアーキテクチャ上のデザインを反映する。

「太陽のパネルを取り付けることは、
この再配置されたシアトルエリアアイキーア店を開くことへの進歩において、
別のエキサイティングで、持続可能なステップである」は言った
ジェードルグッドチャイルド、店マネジャー 。
「アイキーアは、私達が働くコミュニティのための持続可能な
ライフを作成するために努力し、私達の新しいレントン店は、
ワシントンの最も大きい屋根太陽配列によってこのゴールに追加している。」

その米国位置の約90%の先でアイキーア太陽存在に寄与し、
この配列は、40MWを超える全体の世代ゴールによって
米国のアイキーアのための45番目の太陽のプロジェクトを表している。
アイキーアは、その太陽のPVエネルギーシステムのうちのそれぞれを
その建物の先に所有し、操作し−−太陽のリースまたはPPA(パワー購入協定)
と対比されるように−−、太陽光電池テクノロジーのその自信と投資を補強して、
2020を通じて、更新できるエネルギーに投資するために、
25億ドルグローバルに割り当てられる。2020年までに独立なエネルギーで
あるゴールと一致していて、アイキーアは700,000を超える太陽
パネルを世界中の建物に取り付けて、104を米国に含めている約300の
風力タービンを所有している。







.

2017-01-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © gocyan情報局 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます