gocyan情報局

-  |  次の3件 »

豊田早苗 とよだクリニック監修 あがり症改善プログラム の体験談は?どんな内容?

友達に教えてもらったんだけど、
豊田早苗さんのとよだクリニック監修 あがり症改善プログラムが
口コミで評判になってるみたいだね。

SNSとか一部では、効果なしっていう声もあるけど、
本当のところはどうなのかなぁ?

あがり症や赤面症、緊張しやすい性格で悩んでいる人でも、
トレーニング開始から5分〜60分程度で、すぐに効果がわかる、あがり症改善方法っていうけど、
怪しくないのかなぁ?

⇒口コミと体験談を調べた
(ここから)

豊田早苗さんの「あがり症改善プログラム」は、他の教材とは全然違っています。
まず、豊田さんが「話すことのプロ」ではなく「とよだクリニック」という
心療内科・精神科のお医者さんだということ。

そして、他の教材が動画で解説しているDVD教材であるのに対して
豊田さんのマニュアルは、ごく普通の「読む」教材です。
そういう意味では、派手なところがない地味なマニュアルです。

でも、その中身に書かれていることは「これだ!」と思えるほど、
自分が求めているものにぴったりマッチしていたんです。

(ここまで)


もう一件です


(ここから)

「あがり症改善」を目的とした様々な教材や書籍などを見てみると、その多くは
・話し方教室の講師や、元アナウンサーなど話し方の専門家
・精神科医などの医学専門家
のどちらかの監修によるものが多いですよね。

言うまでもなく前者は、あがり症そのものを改善するというよりは、
人と話したり、人前でスピーチすることの悩みを技術面からサポートすることで、
話すことへの恐怖や苦手意識を取り除こうという試みになります。

また、後者は医学的な見地から、
クスリの効用や様々な治療法(一部は「EFT」に関するもの)について
解説した物で、専門的であるがゆえに自分での実践が難しいという面を持っています。

もちろん、どちらも「インチキ」とか「効果がない」というものではありませんが、
精神と技術のバランスの良さ、また自分で、
自宅で実践できるという取り組みやすさで言えば
児島弘樹さんの「あがり症改善プログラム」は、有利な点が
認められるのではないかと感じました。

(ここまで)

あがり症を治す為には何からやればいいのか?どんな順番でやれば良いのか?をわかりやすくまとめてあるから、どんな人でもあがり症改善を実感できるらしいよ。

効果ありっていう感想もあって気になるから、
思い切って試してみようかな。

2018-05-21 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道新幹線の営業赤字100億円 JR北の前期

JR北海道が10日発表した2018年3月期の連結決算によると、北海道新幹線の営業赤字は100億円と前の期(54億円)に比べ2倍近くに増えた。開業効果が一巡し、利用者数が落ち込んだうえ、インフラ修繕費がかさんだ。安全関連投資が217億円に膨らんだため、最終損益は87億円の赤字と2期連続の赤字。依然として厳しい経営状況が続く。



 鉄道運輸収入は前の期比横ばいの728億円。このうち新幹線収入は79億円で23%減った。小山俊幸専務は10日、札幌市内の本社で記者会見し、北海道新幹線の苦戦について「東北新幹線との相互直通運転を行うため、10両編成で運行する必要があり、乗客数が相対的に少ない北海道新幹線区間ではコストがかさむ」と述べた。

 北海道新幹線の線路をJR貨物が共用していることもコスト高の一因になっている。共用区間は貨物列車とすれ違う際、安全確保で新幹線の速度を落とすため、所要時間が増加。貨物列車用の鉄道設備の経費も負担する。JR貨物が17年度、JR北に支払った線路使用料は20億円だったのに対し、貨物列車が走行する線路の修繕費は200億円規模に上った。

 連結営業損益は416億円の赤字(前の期は398億円の赤字)と過去最大の赤字だった。同社発足時の国からの支援金である経営安定基金の運用益は255億円に上ったが、経常損益は黒字転換できなかった。鉄道事業の赤字を基金運用で補う従来の収益モデルが成り立たなくなっている。

 グループの総力を挙げても鉄道事業の赤字を補えない。バスや小売り、不動産、ホテルなど連結子会社22社の総売上高は1%増の1525億円、営業利益は8%増の105億円と伸びている。しかし、22社合計の営業利益は7億円増えたが、JR北単体の営業赤字は27億円増だった。

 ただ、成長株の子会社もある。増加傾向が続く訪日外国人客の宿泊需要を取り込んでいるJR北海道ホテルズは売上高が12%増の78億円、純利益が59%増の6億円に上った。道内個人消費の回復を背景に、駅ナカ商業施設を運営する札幌駅総合開発は売上高が2%増の214億円、純利益が3%増の27億円だった。



利用者の推移は、よほどのアホでない限り読めていた筈。
普通の商売してる人だったら、絶対にやらないような事業を
興せるんだから、やっぱ根本は国鉄 税金頼みの親方日の丸だね・・・

2018-05-17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

七田式 七田厚 7+English 〜60日完全記憶英会話〜 の体験談は?どんな内容?

友達に教えてもらったんだけど、
七田式 七田厚さんの7+English 〜60日完全記憶英会話〜が
口コミで評判になってるみたいだね。

https://www.infotop.jp/click.php?aid=226767&iid=53880

SNSとか一部では、効果なしっていう声もあるけど、
本当のところはどうなのかなぁ?

あの「七田式」の最新英語教材で、600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して、英会話がマスターできるっていうけど、
怪しくないのかなぁ?

⇒口コミと体験談

神奈川県 末広さん(23歳)

私は海外旅行が大好きで、大学時代から色々な国に旅行しました。

ただいつも英語が上手な友達と一緒だったので、

いつかは一人で海外旅行に行きたい!と思っていました。

英語の勉強もしていたんですが、

海外旅行から帰ってきてすぐはやる気があって勉強するのですが、

しばらくするとどうしてもやる気が続かなくなってしまうんです。

結局、いつまで経っても英語が喋れるようにはなりませんでした。

そんな時、友人の紹介で7+Englishを始めることにしてみました。

結論から言うと何をやってもダメだった私が、英語を話せるようになったのです!

最初はあんまり効果がわからなかったのですが、

勉強を始めて1ヶ月たったあたりから、明らかに英語を話すのが楽になってきました。

そして2ヶ月経った今では、頭で考える前に英語が口から

飛び出してくるようになったのです!

聞き流したりラジオ講座で勉強したり、いろんな英語教材を

試してもダメだったので、本当に驚いています。

そして念願だった一人海外旅行もついに実現!

旅行中もコミュニケーションに全然困らず楽しむことができました。

本当にありがとうございました。






香川県 廣田さん(58歳)

昔から多趣味でいろんなことに手を出したくなる性分で

英会話もかれこれ20年以上続けています。

しかしながらなかなか上達せず、継続して勉強を続けて

いないのもあってこの年で英会話を身につけるのも

難しいのかとは思っていました。

そんな時に偶々紹介されたのがこの七田先生の教材で、

昔から七田式のファンでしたのでこれは面白そうだと

軽い気持ちで始めてみました。

ところがこれが本当に面白い!

1日の学習時間が短いのも性分に合っているのでしょうが、

毎日10フレーズだけだからせめてそれは覚えてやろうと

取り組んでいるうちに段々とのめり込みました。

もうすぐ始めて40日になりますが、英語能力に関しては

格段にアップしたことを報告します。

しっかり毎日音読して取り組んでいるからでしょうか、

英語を話すのが本当に楽になりました。

そして咄嗟のひと言が出てくるようになったのが嬉しいですね。

そしてこれは嬉しい副産物ですが記憶力全体が上がったように感じますね。

数独とクロスワードパズルもやっていますが、

1ヶ月前とは解くスピードが格段に違います。

脳の機能が全体的に向上したのでしょうか。

これは本当に嬉しいですね。更なる向上を目指して

今後も取り組んで行きたいと思います。


よく使う英語のフレーズを丸ごと覚えてしまうことで、英語が苦手な人でも最短で英会話ができるようになるらしいよ。

効果ありっていう感想もあって気になるから、
思い切って試してみようかな。

:【7+English】〜60日完全記憶英会話〜 世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを60日で記憶して英会話をマスターできる。

2018-05-17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の3件 »
Copyright © gocyan情報局 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます